ANTHRAX

ANTHRAX アンスラックス

ニューヨークを拠点とするヘヴィ・メタル・バンド。1984年にアルバム「FISTFUL OF METAL」でデビューを果たし、彼らと同時期に登場した⻄海岸出⾝メタリカやスレイヤーやメガデスらと共に、80年代半から後期にかけて、従来ヘヴィ・メタルよりも更に過激で攻撃的な⾳楽を標榜する“スラッシュ・メタル”あるい“スピード・メタル”と呼ばれる新たなスタイル 確⽴に貢献した。

1985年発表セカンド・アルバム「Spreading the Disease」制作時、ジョーイ・ベラドナがリード・シンガーとして加⼊。以後「AMONG THE LIVING」(1987年)、「STATE OF EUPHORIA」(1988年)、「PERSISTENCE OF TIME」(1990年)といったアルバムをコンスタントに発表、前述メタリカ、スレイヤー、メガデスらと共にアメリカヘヴィ・メタル・シーンを代表するバンドの1つとして君臨するようになった。

2007年、アンスラックス新しいシンガーとしてダン・ネルソンを迎え、ロブ・カッジアーノを復帰させてツアーを再開。同時にアルバム制作準備にも取り掛かったが、ダンと上⼿くいかず2009年に彼を解雇、バンドにジョン・ブッシュが再び加わり、ジョンを擁する編成で新作レコーディングを⾏なうと⽬されるようになった。

ところが、メタリカ、スレイヤー、メガデス、アンスラックスというTHE BIG 4による初合同ツアーの開催が明らかになると、⾳楽以外仕事で成功を収めていたジョン・ブッシュがフルタイムでバンドに関われないことを理由にアンスラックスから再離脱を表明。2010年にジョーイ・ベラドナがバンドへ⼆度⽬の復帰を果たした。

THE BIG 4による合同ツアー⼤成功を収め、ジョーイがバンドにそまま留まることも決定。2007年より棚上げ状態にあったニュー・アルバムのヴォーカル録⾳もジョーイが⾏なう事が決定し、2011年9⽉に「WEʼVE COME FOR YOU ALL」から実に8年振りとなるオリジナル・スタジオ・アルバム「WORSHIP MUSIC」をリリース。

「WORSHIP MUSIC」のツアーは各地で好評を博したが、2013年にロブが脱退を表明、バンドにマサチューセッツヘヴィ・メタル・バンド、シャドウズ・フォールに籍を置くジョナサン・ドネイズが新たにリード・ギタリストとして加わる。そして2016年2⽉、前作「WORSHIP MUSIC」から4年半振りとなる、通算11枚⽬のオリジナル・アルバム「フォー・オール・キングス」が リリースされ、同年11月にはKNOTFEST JAPAN 2016に出演、そして2017年5月にはMEGADETH JAPAN TOUR 2017にスペシャル・ゲストとして参戦し、圧巻のパフォーマンスを披露した。

back

PAGETOP