Slipknot

Slipknot スリップノット

アイオワが産んだ猟奇趣味的激烈音楽集団、スリップノット。去年のハロウィンに突如発表されたシングル「オール・アウト・ ライフ」でファンを驚かせた彼らが、8 月 9 日に通算 6 枚目となる最新作『ウィー・アー・ノット・ユア・カインド』をロードランナ ー・レコードよりリリース。日本、アメリカ、イギリスを含む10カ国のアルバムチャートで1位を記録した、アルバムからのファースト・シングル「アンセインテッド」のミュージック・ビデオはバンド・メンバーの M・ショーン・クラハンが自ら監 督を務めており、現在ロック界で人気を博すも未だに謎が多いスリップノットたちの今後の未来が垣 間見られる一曲に仕上がっている。

アメリカのメディア「Vulture」より発売前から既に「2019 年に早く聴きたいアルバム 36 選」に選ばれている今作『ウィー・アー・ノット・ユ ア・カインド』について、ギタリストのジム・ルートは「これまでの中で最も作詞作曲とレコーディングに時間をかけたアルバム だ。このアルバムを作った時にインスピレーションになったのは、シングルだけじゃなくフル・アルバムを作る事にこだわって いるアーティストたちだ。今の音楽業界はとにかくシングルを出して稼ぐ方向に傾いているけど、俺たちスリップノットは一つ の作品として完成している、アルバムでしか味わえない体験を届けたかった。」と話し、M・ショーン・クラハンは、「俺たちが作っているアートは制作するのに時間がとても掛かるっているんだが、その分すごくやりがいがある。4 年間をか けてメンバーの感情と情熱を注いだこのアルバムだからこそ、やっと今回リリースすることになって俺たちは救われた気分 だよ」とコメントしている。

今作は 19 カ国の総合アルバム・チャートにトップ5でデビューを果たし、日本、オーストラリア、そしてアメリカで 1 位を獲得し た 2014 年のアルバム『.5:ザ・グレイ・チャプター』以来となる6作目。同作を手がけたグレッグ・フィデルマンが、この最新ア ルバムでもスリップノットとプロデューサーとして名を連ねている。昨年発表されたシングル「オール・アウト・ライフ」は、今回 の「アンサインテッド」同様に M・ショーン・クラハンが監督を務めたミュージック・ビデオがリリース同日に YouTube 上でトップ 10にトレンド入りを果たし、ミュージック・ビデオ再生数が4700万回を記録している。

5 月 17 日にスリップノットは人気テレビ番組「ジミー・キンメル・ライヴ」のアウトドア・ステージでパフォーマンスを披露、6 月 9 日には、完全ソールドアウトを記録したドイツのロック・アム・リング・フェスティバルにて、約 9 万人の前でパフォーマンスを 披露、この模様は MagentaMusik 360 を通して世界にライブストリーミングされた。 夏にはヴォルビート、ゴジラ、ベヒーモスらアーティストと共に「ノットフェス・ロードショー・ヘッドライン・ツアー」と銘打たれた 北米ツアーを行い、11月にはノットフェス・メキシコを含む南米ツアーに続き、2020年1月からヨーロッパ・ツアー(28公演)が決定している。尚、2020年3月に開催されるノットフェス・ジャパン2020のDay1はワールド・ツアー「ノットフェス・ロードショー」の日本初上陸。いよいよ話題の世界ツアーがここ日本で初披露される。

back

PAGETOP